2010年01月09日

「大修理」体験できます 姫路城集客大作戦 工事期間中、巨大線画も登場(産経新聞)

 世界文化遺産の国宝・姫路城で「平成の大修理」が4月から本格化するのを受け、兵庫県姫路市が観光客の減少に歯止めをかけようと、さまざまなアイデアを練っている。大天守が外から見えなくなった後に巨大な線画を掲げ、平成23年度からは大天守前の三の丸広場に修理体験や大天守の構造を解説するコーナーを設置。「大修理期間中にしか体験できない企画」を打ち出し、姫路城をPRする考えだ。

 大修理が本格化するのは4月12日。大天守を覆う素屋根の工事が始まり、大天守への登閣ができなくなる。6月には半分程度、9月下旬には完全に外から大天守が見えなくなる。完成は26年度の予定だ。

 姫路城の21年度の来城者は、「昭和の大修理」(昭和31〜39年)直後に記録した戦後最高の173万人に次ぐ130万人を超える見込み。しかし、市は平成の大修理期間中は観光客が半減すると試算しており、地元経済界からも懸念する声が上がっている。

 このため、市は来城者の減少を食い止めるため、さまざまな企画を準備中。12月ごろには大天守を覆う素屋根の壁面に巨大な大天守の線画を掲げて存在感をアピールする。

 また、23年度には大天守の隣に瓦のふき替えや白壁の塗り替えなどの作業を間近で見学できる展示場を建設する。

 ただ、この展示場は1日最大3千人を収容するのが限度。入れなかった観光客のため、大天守前の三の丸広場に体験スペースを設置し、瓦のふき替えや壁の塗り替えをする職人に協力を求め、工事の様子を再現するほか、見学者自身が修理体験できるようにする。

 さらに、「文化財の修理を間近で見られる貴重な体験が教育にも役立つ」として、市内外の小中高校に修学旅行や遠足の誘致を働きかけていくという。

 市姫路城管理事務所は「工事期間中の姫路城はいつもと違う魅力がある。何十年も見られない貴重な工事であることをアピールし、できるだけ多くの人を誘致したい」と話している。

フィッシャー魂
愛情の庭
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカードのショッピング枠を現金化
posted by sie0e2jyrk at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひき逃げ容疑で米兵逮捕へ=男性死亡事故−沖縄県警(時事通信)

 沖縄県読谷村で昨年11月、外間政和さん(66)がひき逃げされ死亡した事故で、県警は8日、道交法違反(ひき逃げ)容疑などで米陸軍トリイ通信施設所属の2等軍曹クライド・アンドリュー・ガン被告(27)=自動車運転過失致死罪で起訴=を同日にも逮捕する方針を固めた。 

【関連ニュース】
ひき逃げ容疑で運転手逮捕=新聞配送中、20歳女性死亡
ひき逃げ事件で米兵を起訴=男性死亡、運転過失致死罪
遺体は80歳男性=発見場所まで24キロ引きずる?
ひき逃げ、米兵を書類送検=運転過失致死容疑
ひき逃げか、16キロ先に男性遺体=現場に血痕50メートル

ツイッターlivedoor Blog バージョン
o2qr6wrcのブログ
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化
出会いランキング
posted by sie0e2jyrk at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。