2010年01月12日

<仙谷行政刷新相>「消費税の議論、避けて通れず」(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は10日、徳島市で会見し、消費税問題について「少子高齢化が進む中、社会保障を維持するためにどういうシステムがいいのかという観点から、消費税の議論は避けて通れない」との認識を改めて強調した。その上で、「次の政権を争う衆院選の前には具体的な政策課題として練り上げる。そのために、夏の参院選の前にどうこうではなく、議論は常時して基礎的な部分を用意すべきだ」と述べた。

 また、仙谷氏は「消費税だけでなく、法人税、所得税、相続税を含めた抜本的な税制議論が原則」と指摘。消費税については「法人税は景気動向によって大きな振幅がある。その観点からも消費税は大事な税目」との考えを改めて示した。【井上卓也】

【関連ニュース】
藤井財務相辞任:後任は菅副総理 仙谷氏が国家戦略相兼務
消費税:税率引き上げ次期衆院選で問うべき…仙谷担当相
仙谷行政刷新担当相:独立行政法人などの無駄も議論と表明
消費税:税率の引き上げめぐり認識に差…菅氏と仙谷氏
消費税:認識に差 菅氏、まずは無駄を省く/仙谷氏、税調で早期に議論を

新幹線からみた風景
よしおのブログ
携帯ホームページ
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化
posted by sie0e2jyrk at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダカールラリー 5連覇へトヨタ車体 予算減は情熱で克服(毎日新聞)

 南米で元日(現地時間)から始まったクロスカントリーラリーの最高峰、ダカールラリー(旧称パリダカ)で、トヨタグループのトヨタ車体(愛知県刈谷市)が市販車部門で史上初の5連覇に挑んでいる。世界同時不況でチームの経費が大幅削減されたうえ、トヨタ自動車のフォーミュラワン(F1)からの撤退も重なるが、グループの「国際的モータースポーツ最後の砦(とりで)」と意気込む。

 トヨタ車体は05年から出場、市販車を無改造で走らせる部門で4連覇中(08年は中止)。今回、市販車部門ディーゼルクラスに、09年大会(1月、南米)と同じ「ランドクルーザー200」2台が出場。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスをスタートし、最大標高4700メートルのアンデス山脈を越え、チリのアタカマ砂漠を縦断。17日までにブエノスアイレスへ戻る約9000キロのレースだ。

 ラリーの経費は、1社年20億〜30億円ともいわれる。市販車部門は車両の改造費が不要のため、少なくて済むというが、チーム関係者によると、不況に伴う業績不振で、今大会の経費は同じ2台が出場した09年大会の半分近くに削減された。チームメンバーも、09年の23人に対して今回は16人。大会前にアフリカのモロッコで2回行っていた計約1カ月間の特訓も今回は中止。秋に前哨戦として出場していたUAE(アラブ首長国連邦)ラリーも欠場した。

 だが、チームの士気は高い。危ぶまれた今大会の出場が実現したからだ。先月17日の壮行会で、ラリー車生産工場長は「F1撤退後、ダカールラリーは最後の砦」と激励。白井正年専務も「5連覇を果たし、オールトヨタの車づくりに対する情熱とロマンを全世界に示したい」と意気込んだ。

 同社によると、3日現在(現地時間)、市販車部門ディーゼルクラスで1号車が1位、2号車が3位に付けている。【安間教雄】

【関連ニュース】
ダカール・ラリー:アルアティアが総合首位に
自動車:ロマが首位 ダカール・ラリー始まる
今年の主な予定:2010年カレンダー
自動車:ダカール・ラリー アルアティアが総合首位に
自動車:トヨタ車体、ダカールラリー5連覇へ 壮行会にファンら200人 /愛知

笑いの貴公子
サンクチュアリ
債務整理・自己破産
アフィリエイト ホームページ
現金化
posted by sie0e2jyrk at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。