2010年01月15日

郵政で自民苦慮、見直し派・推進派対立の恐れ(読売新聞)

 自民党が通常国会での郵政民営化の見直し論議への対応に苦慮している。

 対応次第では、「民営化見直し派」と「民営化推進派」との路線対立が先鋭化する恐れが出てきたためだ。

 自民党は野党転落後、小泉構造改革と距離を置く空気が広がり、郵政民営化の見直しを求める意見も勢いを増している。

 鳩山政権が通常国会に提出する郵政改革基本法案の内容は未確定だが、「賛成者が出かねない状況」(幹部)という。執行部は、党内対立は参院選にも響くとみて、民営化見直し派にも配慮した対案を作成し、結束維持を目指している。

 その目玉は、日本郵政グループ傘下の郵便事業会社と郵便局会社を統合し、現在の4分社体制を「3分社体制」に変更する案だ。同案は、与党時代の昨年3月にも議論されたが、「4分社体制の変更は民営化に逆行する」と見送られた。

土地購入、石川議員「4億融資必要なかった」(読売新聞)
橋下知事が発言修正「伊丹廃港15〜20年後。近隣市町の合意不要」(産経新聞)
「政治とカネ」で攻防へ=自民、小沢氏にも照準−通常国会(時事通信)
元同僚を刺殺、160万円奪う=タクシー運転手を逮捕−北九州(時事通信)
羽田管制トラブル復旧 日航は15便引き返し・欠航、3千人影響(産経新聞)
posted by sie0e2jyrk at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。